Graphic Design & Coordination

Menu

Filter

Social

2018年の抱負など

前回の投稿が2015年の10月、今から2年3ヵ月前ということに。この2年間、こちらの「TEXT」のカテゴリのみならず、弊社ウェブサイト全般を何も更新できておりませんでした。いちおう会社組織として、これは大変よくない状況だなと思い、
「2018年は会社のSNSとウェブ更新をちゃんとやる」
ということを抱負にしたいと思います。

更新をちゃんとできなかった理由として、デザイン部もディレクター部も日々の仕事のクオリティを優先していたために暇がなかった、実際、売れてる会社はウェブサイトの更新が数年前で止まっているということはよくあること。と言い訳はしたい。
そんな言い訳はいくらでも思い浮かぶのですが、事務所を移転したい、アシスタントを雇いたい、依頼をいただいたときに仕事を受けられるフットワークを軽くしたい、などなど、2018年はボイズなりにいろいろチャレンジしたいこともあり、まずは足元からきちんと「環境」を見直すことが何より大事だと、新年を機に心を改めております。

2年半前から社を構えてとてもお世話になった泰生ポーチなのですが、増え続ける資料と書籍、打合せ時と作業時のスペースの足りなさ、チームで動くときの機動力などいろいろな課題がつみあがっており、ポーチ同様、泰有社さんがオーナーの同エリアの別のビルに、新たな事務所を構える予定です。

せっかく移転するのだから、デザイン会社らしいオフィスにこだわりたい、という岡部のたっての希望で、泰生ポーチの仲間の稲山貴則建築設計事務所さんに内装デザインを依頼させていただくことになりました。移転先の改装は、泰生ポーチ同様オンデザインさんが担当されていることもあり、稲山さんとの現調や打合せ、オンデザインさんとの状況共有などが大変スムーズです。地産地消感が極まった新オフィスになりそうです。

新オフィスの内装デザイン、稲山さんに模型もつくっていただきました。この数年の仕事のなかで、藤原徹平さん、西田司さんなど、第一線で活躍されている建築家の方とお話する機会も増え、建築家の方たちの発想や考え方に感銘を受けることが多くなっていたのですが、小さな事務所スペースのなかでもいろんな提案をしてくださる稲山さんのお仕事も素晴らしく、「こういう仕事人でありたいな」と思わされるのでした。いつかOpen Aの馬場さんが「クリエイティブな発想はクリエイティブなオフィスからしか生まれない」と何かの機会におっしゃってたのを思い出す。

年末に穴八幡で買った根付は、人と人の良縁を呼び込む毬のたまです。今年もいろいろな人との出会いがあることを願っています。というわけで、一番の抱負は、「人と人のご縁を大切にする」。

本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。