Graphic Design & Coordination

Menu

Filter

Social

きょうの一冊(中村元哉)

こんにちは、編集・執筆を担当している中村です。

今回はおすすめの本を紹介するコラム「きょうの一冊」ですが、皆さんは本を購入する際、どこの本屋さんに行きますか?近くの大型書店や、いまではネットで簡単に手に入りますね。昔ながらの個人書店は閉店してしまうことも多いですが、ここ数年で小さな個人書店が増えています。そんな書店を紹介した本がこちら。

『街灯りとしての本屋』田中佳祐=著(雷鳥社、2019)

この本は全国にある11の個人書店にインタビューを行い、本屋を営む上での難しさや楽しさについて紹介しています。本屋に対する「情熱」だけで経営することは難しい、と多くの店長さんが語っているのが印象的。いかに経営を続け、利益を出すのかといった現実的な問題に常に向き合うことの大切さが何度も語られます。その難しさのなかで地域のお客さんにどうしたら喜んでもらえるか、本屋として個性を出すにはどうするかなど試行錯誤している店長さんたちはとても楽しそうです。

本の後半には「本屋を始めたい人のためのQ&A」を設けていて、実際に開業する際の資金や、店舗物件の決め方、仕入れルートなど事細かに書かれています。漠然と考えていた本屋を開きたいという夢が現実にグッと近づきますね。

かくいう私も最近ではもっぱら個人書店さんで本を購入しています。個性的な本屋さんのなかで好きな本を買い、店長さんと本や世間話ができるのが個人書店さんのいいところ。ぜひ皆さんもこの本を読んでお気に入りの本屋さんを見つけてみてください。